会社沿革

昭和27年 7月 外車エンジンパーツの専門商社宝サービス(株)として発足。
昭和35年 株式会社リケン(旧称:理研ピストンリング工業株式会社)の資本参加を得る。(出資比率45%)
国内有力卸業・メーカーとの連携を強化して、国産車用エンジンパーツの専門商社としての地盤を確立。
昭和44年 6月 日興ピストンリング(株)(阪神地区を営業基盤とする)と合併。
大阪営業所開設。
昭和45年 8月 信和商事(株)(東京地区を営業基盤とする)と合併し、販売網の整備強化の確立を進める。
昭和46年 6月 (株)リケンが株式の全数を取得。
昭和47年 1月 社名を理研商事株式会社と改称。
非エンジンパーツ及び用品の販売を開始。
昭和50年 4月 札幌、仙台及び名古屋に営業拠点を開設して全国販売網を確立。
間接貿易業務を本格化。
昭和51年 7月 船舶用エンジン部品の営業活動を開始。
平成12年10月 三研エンジニアリング(株)と合併し、船舶用エンジン部品部門を拡充。
平成14年 7月 創立50周年を迎える。
配管部品の販売を開始。
平成20年 9月 本社・東京営業部を現住所に移転。
平成21年 7月 福岡に販売拠点を開設。
平成24年 7月 創立60周年を迎える。
平成29年 7月 MKDカップリングの製造販売を開始。